ガイド中のお願いと注意事項

本ガイドサービスは、いえしまに暮らす人々の生活に密着したものです。

いえしまを訪れるお客様には、いえしまの暮らしにお邪魔する、あるいはそれを覗き見るような気持ちで楽しんで頂きたいと思っております。

生活する人と訪れる人、お互いが気持ちよく、楽しい思い出にするために、いくつかのお願いと注意事項がございます。

以下の事柄は、今後このサービスを継続するためにも、ぜひとも守って頂きたいことです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

■気持ちの良い挨拶を。

家島本島には約4,000人が住んでいますが、島自体は小さい所です。そのため島民同士は、ほとんど顔見知りであり、他所から来た人(見たことがない人)は一目でわかります。

そこで、島の人と話す機会があれば「こんにちはー!」と気持ち良く挨拶していただきたいと思います。なんと言っても、島の人は親切で、世話好きで、おせっかいです。挨拶から思わぬ世界が広がるかも知れません。

 

■時間には余裕を持って。

島の時間の流れは都会のそれと異なります。

セカセカとした時間の中では、いえしまを充分に楽しむことが出来ないと考えています。(おばちゃんとの立ち話が盛り上がって、気付けば20分も話をしていた!ということもあります。)

ガイドコースとして、時間は守るように心がけますが、ガイド中の出会いやハプニングなど、偶然の出来事も楽しめる時間の余裕を持って参加してもらえれば、のんびりしたいえしまの魅力に気付いてもらえるはず!

また、気分次第で、ガイドコースの変更もありです!例えば、「浜辺の海風が気持ちいいので、ここでボーっとしたい!」というような。

もちろん時間がない場合はご相談に応じますので、事前にご連絡ください。

 

■歩きやすい格好で。

島内の移動は基本的に徒歩移動です。初心者向けコースでは、休憩をしながらですが、約3km~4km歩くことになります。歩きやすい格好で、特に足元は歩きやすい履物でお越しください。

 

■季節や天候・曜日によって、ガイド内容は変更になる場合があります。

季節や天候・曜日によって、獲れる魚、協力してもらうお店や人が変わります。

そのため、ガイド内容が変更になる場合もございます。どうぞご了承ください。

 

■プライベートガイドではありません。

プライベートガイドではなく、予約が重なった際は合同でのガイドをお願いしています。

たとえば、都市部の料理屋であれば「予約でいっぱいなら次回また来ようか」と思うことも可能です。

しかし、いえしまは離島であり「たまたま近くまで来たので!」という東京や横浜など遠方からのお客さまも多くおられます。そういった方にとって「次回」は一生ないかもしれないと思えるのです。

なにより、こんな離島で予約が重なるのも何かの縁ではないかと、そう考えています。

予約が重なることは滅多にないですが、どうしても無理な場合はご相談ください。

 

■1名様でお越しの場合は・・・。

お客さまが1名でお越しの場合は、ガイド中、いえしまコンシェルジュ中西が付きっきりです!自己紹介のページを見てもらえばわかると思いますが、太めで、坊主で、ヒゲで、メガネの割とむさ苦しい方に分類されます。

「ちょっと、この人と3~4時間も2人きりは・・・」と思われる方は、ぜひ、友人・知人お誘いあわせの上、ご参加ください。

 

 

いえしまコンシェルジュ中西

〒672-0102 兵庫県姫路市家島町宮109-16
mail:nakanishi@ieshima-guesthouse.org